FC2ブログ

Camp13「くりの木キャンプ場」①

先週金曜~1泊でバンガローキャンプ行ってきましたヾ(o´∀`o)ノ

天気が良ければ道志の森キャンプ場デビューの予定だったんだけど、あまりにも天気予報が悪い 目が離せない11ヶ月のBaby連れで設営撤収大雨だったら・・・?と考えると無理してテント泊は懸命じゃないと判断。でもやっぱり焚き火したいし、自然の中でゆったりお休みを過ごしたい~と、前日に滑り込みで予約を取ったのが今回のキャンプ場でした


私は群馬県訪問は今回が初めて

下道で4時間以上かけて行くしかなくてなんとなく敬遠していた群馬が、北関東自動車道開通によって半分の2時間で行けるようになったのはありがたいね



まず、お昼ご飯は主人の強い希望でコチラ、「永井食堂」さん。

モツ煮ですっごい有名なお店らしい。
201906261.jpg

平日金曜だというのにスッゴイ行列。
でも、回転率はすこぶる早いので、列はスッスと前に進んで行く

カウンターの中にいる、チャキチャキしたスレンダーなオバサンオネーサンが、現場監督みたいな感じで、お客に指示を出しながら注文と席割りをする様が見事でした。(ちょっと怖かったケド、あれくらいテキパキやらないとあの行列はさばけないよねw)

行列の途中で急に注文聞かれるので、初訪問の際は要注意。

メニューがわからないので、前の人達に習って「もつ煮定食」を注文。運ばれていく定食のご飯の量が、すごい山盛りだったので、「ご飯、少なめで・・・。」と注文したら、すかさずチャキチャキネーサンに「ウチではやってないよ!!」とバッサリ 「あ・・・じゃあ普通でいいです。」とひるむ私(*ノェノ)


あとでネットで調べたら

大盛 → モツ煮もご飯も特盛

普通 → 普通といいつつ大盛

半ライス → 普通定食サイズのご飯

レディース → 自宅お茶碗サイズのご飯

っていう頼み方をしなければいけなかった模様。リサーチ不足でした


そんなわけで、こんなご飯の量で到着。

201906262.jpg


モツ煮はシンプルにモツとコンニャクのみ。味はしっかりしているものの、サラサラっとしていてペロっと食べられる!モツ煮の汁の中にご飯を入れて食べても美味でした。でも、食べ終わった後は正直言うと「確かに普通に美味しかったけど、そんなに超有名店になるほど何か特化して美味しいってわけでもないし、わざわざコレを食べるためだけにココにまた来るかって言うと~~??。」なんて言っていた我が家。


でも、翌日「あれ?なんか昨日の永井食堂のモツ煮、今日のお昼も食べに行ってもいいかも?なんか中毒性というか、もう一回食べたいってなる!」というマジックが。これが日本一の実力というやつか!また近くに行った際には寄らせていただこうと思います



食後、キャンプ場のチェックイン時間まではまだ時間があったので、近場の道の駅へ。
201906263.jpg

道の駅としては規模は小さめでしたが、道の駅の後ろが白井宿で、風情がありました
201906264.jpg

201906265.jpg

201906266.jpg

自称ソフトクリーム愛好会員の主人は、いつもどおり食して満足そうでした。本当どこに行ってもソフトクリーム食べてる人。
201906267.jpg



車を走らせ、子持山入り口の鳥居を過ぎ、山の中に進んで行くと
201906268.jpg


小さくオシャレなキャンプ場の看板が見えてきました
201906269.jpg

そして到着\(^o^)/
2019062610.jpg

2019062611.jpg

管理棟とってもオシャレ~(* ´ ▽ ` *) テンションあがります

2019062612.jpg

管理棟の中には売店があり、薪や燃料、飲み物など最低限のものは置いてありました。
2019062613.jpg


今回予約したバンガローは3つ並んでいるうちの真ん中に当たるB2。
2019062614.jpg
キレイでオシャレ
テーブルやイスも備え付けなので荷物も少なくて済んで助かる~。

2019062615.jpg

バンガローって結構古臭くて汚い怖い~みたいな所も多いじゃないですか?こちらは、良い意味で予想を裏切ってくれるカフェのような素敵なバンガローで大当たり◎

扇風機や、ランプ風の電気も付いていて
2019062616.jpg

窓もすごく可愛い これは女子は好きなヤツ
2019062617.jpg

2019062618.jpg


但し、B1・B2のバンガローは、車の横付けは出来ません。勾配のある砂利を15m~くらい手運びで荷物を運ばなければならないのでそこは注意。3つあるバンガローのうち、B3だけはバンガローのすぐ裏手に車を停められるので、数mで済みそうです。


ササっと荷物を運んで配置。
2019062619.jpg

寝るのも、インフレータブルマットとラグで簡素に
2019062622.jpg

荷物少ないから、あっという間でスッゴイ楽だった~!今後も荷物をもっと減らしていけるように考えてこ♪

そういえば、焚火用の薪は現地入ってから調達すればいいよね!と軽く考えていたんだけど、時期が夏だからとことごとく薪が売っていなかった渋川市(;_;) 焚き火やりたくて来たのに、薪がなくちゃ焚き火出来ない!!と困っていた所で通りかかった材木屋さんの敷地内に、薪が大量に置いてあったので飛び込んでみた。

すると、売り物の薪はすでに全て予約分で売れないから、半端のところをタダであげるから持ってけ!!と言ってくれたなんていう材木屋さんか全然見ないできてしまったけれど本当に感謝薪っていうか板(笑)みたいなのもいっぱいだけど、良く燃えました場所は覚えているから、次回行ったときにお礼に行こうっと。
2019062620.jpg

それから、蚊も多い季節だしと蚊取り線香持ってきたはいいけど、ホルダー忘れたので、バケツをひっくり返して置いた。何か忘れても、あるものでなんとかするのもまた良し
2019062623.jpg

お水を汲みに、炊事棟に行ったら、こちらも素晴らしくキレイでオシャレ。
てか、過去に行った中で水周りのキレイさはダントツのNo1!
2019062624.jpg

2019062625.jpg

2019062627.jpg

炊事棟の中には優しいJazzがかかっていて、ゴミ一つ、虫一匹といないセーフティーゾーン。サイトでは自然を感じたいけれど、水周りはキレイなほうが良いっていうワガママ女子の願いを叶えてくれるキャンプ場です


洗顔等に使う水道やトイレもとても清潔に保たれていて素晴らしかったです。トイレで、蛾と同じ空間で飛ばない事を祈りながら急いで用を足さなくてイイのは本当にありがたい。

と、キャンプは大好きだけど虫が大大大嫌いなワタクシ。
そうゆう女性、きっと少なくないよね??
2019062626.jpg

2019062644.jpg


こちらのくりの木キャンプ場、ふと見るとトトロがいる!!
私、すごい発見した!!とドヤ顔で主人に報告したのですが、有名な名物ツリーだったようです(恥)そりゃそうだよね~!
2019062632.jpg


11ヶ月になり、伝い歩きでとにかく歩きたい娘ちゃんも、清潔に保たれたバンガローのウッドデッキの上で自由に歩き回ることが出来てとても嬉しそうでした
2019062621.jpg



Camp13「くりの木キャンプ場」② へ続く




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

♥♡♥♡ kgr.outdoor Instagramはコチラ ♡♥♡♥

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



読んだついでにポチっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 アウトドアブログへ  

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply