FC2ブログ

Camp16「ほとりの遊びばキャンプ場②」

ほとりの遊びばキャンプ場2日目。

鳥の鳴く声で目が覚めてテントを出ると曇りで磐梯山は見えないものの、昨日とはまったく違う湖畔の良い景色が広がっていた。
ha11.jpg


私は、キャンプの中で2日目の早朝が一番好きな時間。
非日常にトリップしにきたっていうのを一番強く感じる事ができるから。

朝の静かな湖面に鏡のように映る景色を見ながら、自然の中の空気を吸って、木々のざわめきや鳥のさえずりを聞いて、ただただボーっとチェアに座ってすごす時間が最高に贅沢に感じる。

この瞬間のためにキャンプをしていると言ってもいいくらい。


少しして、主人や子供たちも目を覚ましてテントを出てくると、私達のサイトに可愛いお客さんが。
ha12.jpg

ちょうどその頃到着した管理人さんが「エサあげても大丈夫ですよ。」と声をかけてくれたので、持ってきていたサンドイッチ用のパンを少しあげてみると、とても人慣れしていて近くまで寄ってきてくれた。カワイイ
ha13.jpg

おなかいっぱいになって、また湖に帰っていくカモの親子。気づくと空の雲もなくなっていて、磐梯山が顔を出していた。
ha14.jpg

ha15.jpg


ダメ元だったけど、来てみて本当に良かった

静寂の中ののどかな時間に、自分の中からストレスや疲れがスーっと抜けていくのを実感できる瞬間。




今回のキャンプで天気が良くなったらやりたかった事のひとつだったカヌー。
ほとりの遊びばキャンプ場さんではカナディアンカヌーのレンタルをしてくれるので借りてやる事に

今までカヤックは何度かやってきたけど、カヌーは初。

まずはパパ&息子。
ha16.jpg

二人の息が全然合わなくて思った方向に進まなくて、湖上でめっちゃ親子喧嘩してた(笑)
ha17.jpg


その後は、1歳になったばかりの娘ちゃんも乗せて4人で。
(※小さい幼児を乗せてのカヌーは危険も大きいので、自己責任で!!)
ha18.jpg

まさかこんなに早く家族全員でカヌー体験ができるなんて思っていなかったからとっても嬉しかった♪
カヌーの先っぽに止まった赤とんぼを見て、娘ちゃんは一生懸命「ワンワン!ワンワン!」と喜んでいたよ。最近やっと少しだけ言葉が出るようになってきた娘ちゃんだけど、生き物は全部「ワンワン」らしい(笑)


最後は私と息子ペアで。
私と息子君のペアは相性バッチリでスイスイ

風がない晴れた湖面は鏡のようで、素晴らしい景色が広がってた。
この最高な朝の時間を独り占めしているみたいな錯角になって、しばし手を止め景色を堪能。
ha20.jpg

2時間で3000円とカヌーレンタルとしては破格だったけど、いつでも好きな時間に出来るようにMyカヌーとかMyカヤックとかMySUPとか欲しいなぁ~

「今の時間がベストだと思うから、やるなら今やったほうがいいと思いますよ。」
と、この時間のカヌー体験を薦めてくれた管理人さんだったけど、振り返ってみてもあの時間あのタイミングがBESTだった。さすがこの場所の主(。>ω<。)ありがとうございました


キャンプを重ねるたびにズボラ度が増している我が家のテント内は飾りっけなしの実用重視。
外に出すものがずいぶんと少なくなったので、設営も撤収もだいぶ楽でもうズボラロードを一直線に進んでいく(笑)もっともっとそぎ落としたいなぁ~、とも思うけど、やっぱり調理はハイスタイルのほうがやりやすいのよね
ha21.jpg


カヌーのあとは、息子君の希望で釣りタイム。
近くのホームセンターで釣り道具は売ってるだろう~なんて軽く考えていたんだけど、竿が売ってなかった(;д;)

仕方がないので、キャンプ場に落ちている木の棒に、即席で手に入れた糸や針などで超自己流釣り道具作成。
ha22.jpg

私も主人もまったく釣り経験がないので、これでいいのかわからない釣竿が完成。
こんなんじゃ釣れないよなー・・・と思ったけど息子はテンション爆上げで楽しんでくれたので結果オーライ!?
ha23.jpg

結果的には1匹も釣れなかったんだけど、2回くらいお魚が疑似餌に食いついてくれたみたいで、それだけでも大興奮でした。次に水場のキャンプ場に行くまでにちゃんと釣り道具を買ってあげよう。
ha24.jpg

お兄ちゃんが釣りに夢中になっている間、娘は半土間満喫
ha25.jpg


の~んびりと午前中を過ごしている間に、少しずつお客さんが増えてきて、あっという間に湖畔にはいくつものテントが。キャンパーの数だけスタイルがあって、皆さんの設営している様子や寛いでいる様子は十人十色だったけど、このキャンプ場のお客さんはどの方もとても優しい雰囲気があって、全体的にふんわりしたいい空気でとても居心地が良かった。

時々グズって大きな声で泣く娘ちゃん。せっかく皆さん寛ぎに来ているのに申し訳ないな~ってご挨拶させてもらった時も、皆さんニコニコと「全然大丈夫ですよ~。むしろ大人しいくらいですよ~。」と言ってくださって、本当にありがたかったです


お昼前にキャンプ場を離れて散策タイム。

このへんのランチで検索したら上位HITしたラーメン屋さんへ。
ha26.jpg

縦に長ーい檜原湖の一番北側にある「奥裏磐梯らぁめんや」さん。
ha27.jpg

こんな場所にお店が本当にあるの!?っていうくらい辺鄙な場所に、突如現れる車が沢山止まった駐車場。人気店なのね~と期待が高まる(* ´ ▽ ` *) お店に入ると、待っている人はいなくて自分たちが1組目の待ち。でも、直後にぞくぞくと人が来店して、あっという間に待ちの列が。絶妙にラッキーなタイミングだった

注文したのは看板メニューの会津山塩ラーメン。
ha28.jpg

透き通ったシンプルでアッサリだけどシッカリの美味しいスープに、平打ちのモチモチ感強めの麺、そしてチャーシュー麺じゃないのにこんなにチャーシューが沢山。派手さはないけど、バランスの良い古き良き塩ラーメンでした。美味しかった

お店から見える檜原湖の景観もとっても素敵(´ω`人)
ha29.jpg


お腹がいっぱいになった後は、前日入れなかったのでお風呂に。
家族みんなで入れるお風呂を検索してHITした香の湯さんへ。
ha30.jpg

案内された貸しきり家族風呂「れんげの湯」。緑に囲まれた良い雰囲気。

施設は古く、脱衣所もお世辞にもキレイとは言えなかったけれど、それでもリーズナブルに赤ちゃん連れて家族みんなでお風呂に入れるのはありがたい。
ha31.jpg

肝心の露天風呂は、自然の中で開放感タップリで広くて想像より良かった
お風呂のお湯はかなり熱めで、ぬるいお風呂がイイ人には入るのキツイかも?私はビキビキっとなる熱いお風呂が大好きなので大満足でした。
ha32.jpg

14時過ぎにキャンプ場に戻ってみると、日が高くなってこれもまたいい雰囲気。

キャンプ場の入り口から、テントに近づいていくこの景色に、何度も何度も癒された
ha33.jpg

ha34.jpg

ha36.jpg

やっぱり、ココ、すごく好きだ。
ha35.jpg

管理人さんも、カヌーで湖上パトロール。とにかく驚くほど時間がゆっくり流れる。
ha37.jpg


まだまだ残暑厳しく暑いけれど、アキアカネが沢山飛んでいて、秋の訪れも感じられた。
ha38.jpg

ha39.jpg


景色を見ながらゆっくり夕食を作って、食べて(すっかり写真は撮り忘れた)、日が暮れてきたら焚き火をして。

ha41.jpg

何度キャンプをしても、やっている事はそう大きく変わらないんだけど、それでもやっぱりキャンプは楽しい。
キャンプで感じる癒しや幸福感は、キャンプでしか味わえない唯一無二のものだからやめられないね。


ほとりの遊びばキャンプ場③につづく・・・


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

kgr.outdoor Instagramはコチラ

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



読んだついでにポチっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 アウトドアブログへ  
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply